タマ助のやわらかブログ❣️

難しいブログは書けません・・・自分の感じた事や思う事、楽しい事や見つけた事など、なにげない日常生活の中で、やわらかなブログを書いていきたいと思っています💛

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 第1弾 国立国際美術館までの道

11月3日より
大阪の国立国際美術館で開催されている
 
 
 
「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に
行ってきました~
 
 
 
 第1弾は・・・
 
国立国際美術館までの道のりで
見つけたもの
 
 
そして
 
歴史を感じる
レトロな建物の紹介ですルンルン
 
 
 
 
 
2回にわたって
ブログにさせていただきますので
 
呆れないで
どうぞお付き合い下さいませ・・・チュー
 
 
 
 
京阪淀屋橋駅に降りて・・・
歩きます
 
 
超方向音痴の私なので
友達に送ってもらった地図
(グーグルマップを使うと
 自分がくるくる回ってしまうため滝汗
を見ながら進みます
 
 
「東西南北」で表現できなくて
すみませんタラー
 
 
 
友達には
「地上に出たら
ひたすら川沿いに歩いて~
と言われました
 
 
さすがです笑い泣き
 
方向のわからない私への伝え方を
心得ています
(過去に何度も
迷惑をかけているので・・・アセアセ
 
 
 
 
 
土佐堀川沿いの道をほんの少し歩くと
右に・・・
 
「民生委員制度創立百周年記念碑」
が立っていました
 
 
 
その横に
座っている像
 
「林市蔵先生肖像」
 
 
 
 
1918年(大正7)
 
当時大阪府知事だった「林市蔵」
現在の民生委員制度の礎となる「方面委員制度」を創設し
「民生委員の父」と呼ばれています
 
この記念像は
その功績をたたえて制作されたものです
 
 
 
 
 
木の右向こうに見える建物が
大阪市役所」です
 
 
 
 
 
川向の
右に見える薄いブルーの屋根の建物が
日本銀行 大阪支店 旧館」です
(木に隠れていて
見えにくくてすみませんタラー
 
 
大阪では
「中央公会堂」「旧大阪教育生命保険」の建物とともに
辰野金吾が建設に携わった建物です。
 
 
歴史を感じる
格式高い建物ですね・・・
 
 
土佐堀通りをさらに進むと・・・
道沿いに植えられている木々たちが
赤や黄色・緑と色鮮やかに紅葉してもみじ
目を楽しませてくれます
 
 
左に見えてくる建物が・・・
 
 
 
 
三井住友銀行 大阪本店」です
 
重厚な中にも
どこか優雅さを感じます照れ
 
 
 
 
この後
まもなく肥後橋電車
 
 
そして
いよいよ
国立国際美術館に到着です~ルンルン
 
 
 

 
 
斬新なシルエットの
 
 
 
まず目を引くのが
鉄筋でできたオブジェ
 
建築家「シーザー・ペリ」の設計によるもので
美術館としての機能を果たす主要部分を
全て地下に収めたユニークな建物です
 
 
 
 
初めて見た時は
かなりの衝撃でしたびっくり
 
 
 
「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」
については・・・
 
 
 
第2弾で書きたいと思いますので
どうぞ
よろしくお願いします~

 (つ≧▽≦)つ

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございますイエローハート